スポンサードリンク

手のかきかた

平泳ぎの手のかき方を説明します。

平泳ぎのストロークはキックに比べれば難しくありません。
しかし、ちゃんと練習して正しいフォームを身につけないとタイムアップは期待できないので甘くみないようにしましょう。

まず、頭を下げた状態で両手を揃えて前に突き出します。
手のひらが外側を向くようにします。

頭はそのままで、ひじの高さをかえずに、肩幅まで両手を開きます。
その後、頭を徐々にあげながら、ひじをまげて手のひらを後ろ向きにして水を後方へ押し出します。

ひじの位置はそのままにして、両手を胸の前にもってきます。
そのまま両肘をつけるようにして手を前に差し出します。
このときに頭も下げるようにしてください。

これが平泳ぎのストローク(手のかき方)です。


posted by 平泳ぎ 泳ぎ方 水泳 at 09:00 | Comment(0) | 平泳ぎのストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。