スポンサードリンク

キックの練習方法

平泳ぎのキックの練習方法について解説します。

カエル足は特殊な動きであるため、習得には時間がかかります。
そこで、最初はプールサイドに手をついての練習をおすすめします。

まずはプールサイドに両手をついて状態で、体を水平状態にします。
顔は出したままで構いません。

最初に覚えることは、ひざを曲げてかかとをおしりにもってくる動きです。
足首は最初は伸ばした状態で、膝を曲げるのと同時に足首も曲げます。

しっかりとおしりに足をもってくることで、“キックの溜め”を作ります。
この溜めが十分でないと強いキックは行えません。

次に覚えることは、足を押し出す動作です。
これは難しいので習得には時間を要するでしょう。
すぐにできなくても焦る必要はありません。

初心者は、足を開かずにまっすぐに蹴ってしまいがちです。
必ず両足を開いてキックしてください。
カエルの足の動きを頭でイメージしながら行うとよいでしょう。

もしも、動かし方がわからないのであれば、コーチに足をもってもらって動かしてもらってください。
それでおおまかなフォームをつかめると思います。

これを徹底的に反復して体に覚えこませましょう。

平泳ぎの上達のカギはキックにあります。
まずは、キックだけの練習をして正しいフォームを身につけるようにしましょう。


posted by 平泳ぎ 泳ぎ方 水泳 at 09:00 | Comment(0) | 平泳ぎのキック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。